資格について

電卓と万年筆

ダブル資格を持つ税理士も多いです

税理士は確定申告などの税務申告をしてくれる人というイメージが変わりつつあります。税理士という資格だけでなく、他の資格も取得することで業務の幅を広げ、ビジネスチャンスの拡大を図る人が増えてきているのです。ダブル資格としてよく見られるものがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーはお金全般に関するコンサルタントのような資格で、保険や金融商品など様々な提案をすることができます。いずれも税務と関わりの深いものですから、親和性が高い資格といえます。また、実務面で必要になってくる社会保険労務士の資格を持っている人もいます。給与面では社会保険料が関わっているので、これも税務と関わりが深い資格といえます。

しっかりと実力を見極めよう

このような税務に限らず幅広い税理士を顧問として迎え入れておくことは企業にとっても大事なことです。これらの知識があるかどうかを見分けるには肩書で判断するのではなく、実際に話をしてみることが必要です。特に保険や金融商品などは日々変化しており、新しい情報をきちんと取り入れているかを確認しておくことはとても重要です。税理士を探すことは比較的簡単です。インターネットで検索すれば多くの税理士事務所がヒットしますし、友人知人に相談すれば一人くらいは必ず知っています。このような中から能力の高い税理士を見つけましょう。税理士に対しても、商品売買と同じく見積もりを依頼し、コストパフォーマンスが良いかという判断が必要になります。