試験に合格をする

電卓と書類

関連性を知ることが重要です

税理士試験では5つの試験に合格する必要があります。その5つについては一部必須科目もありますが、他は選択制となっているので、受験生は自由に選択することが可能です。科目としては、簿記論、相続税法、法人税法などの試験があり、それぞれ内容としてはもちろん別物なので、全てしっかり学ぶ必要があります。どれか一つを勉強すれば他の科目の勉強をしなくても良いなんてことはありませんが、中には内容がよく似ている科目もあります。そのため、多くの受験生はどれくらいそれぞれの科目に関連性があるかないかを考えて、受験科目を選択しています。税理士試験では5科目に合格する必要があるため、突破するためにはかなりの時間が必要になってきます。効率的に突破するには、各試験科目の特徴をよく知り、関連性のある試験を選択することが必須だということを考えた上で学習しましょう。

関連性のある科目とは

では、税理士試験を行なう際に関連性が高い科目について見ていきましょう。 例えば、簿記論と財務諸表論の内容はよく似ていて、この二つは、会計に関する科目となっています。税理士には税法のみでなく会計に関する知識も求められるのです。 簿記論では計算の方法を学び、財務諸表論はその計算をどのようにするべきなのかといった、仕組みについて考えるという感じになっています。税法にも関連性の高い科目があり、所得税と住民税の計算方法が特に似ています。似ているというより、住民税の計算方法は、所得税とほとんど同じになっているのです。このことから、簿記論と財務諸表論ほどではありませんが、効率的に勉強することが可能です。他にも、法人税と事業税なども関連性が高い科目となっているので、同時に学ぶと効率が良いでしょう。受験生が選択する科目を見ると、やはり関連性を意識して選択しているケースが多くなっています。税理士試験を効率的に突破するには、最初の科目選択が大切であることを知っておきましょう。