税理士とは

電卓とペン

一般の人には、税金を納める立場であっても税金のことについては知識はあまりないといえます。 企業や個人事業主が、税理士に支払う費用や顧問料がどう決まり相場はどうなのかはっきりしていないというのが本音といえます。 税理士の費用は、帳簿の作成と記帳の代行、税務相談など業務の内容に費用は変わってきます。また、企業に出向く回数によってもその費用は変わってきます。 顧問契約の相場として、その企業の年商の額と月に一度なのか、半年に一度か、それとも本決算の時だけなのかということで決まってきます。 顧問契約をする場合は、価格の面で税理士と相談することで決めることができます。 それは、税理士会で規定報酬については平成14年に廃止されているからです。ですから、相談によっては費用を交渉することもできるのです。

あらゆる税に関する相談や会社においては帳簿のつけ方や決算に関することなど、税理士に相談したいことはたくさんあるものです。しかし、その費用はどのくらいかかるかわからない面もあります。 税理士会ではかつては規定報酬が細かく決められていましたが、平成14年にそれが廃止となりました。それにより、報酬に決まりがなくなったため税理士の間では顧客をとる競争が始まったのです。 個人や企業にしても、費用はより安くしたいものです。顧問料などの費用に相場はあるものの一見わかりづらいものです。明瞭であることが求められるでしょう。 様々な税金の相談ができて、お互いに信頼関係を築くことが出来れば、ずっと頼れる税理士として付き合っていきたいと思うものです。